ギターライフ

ギター、音楽に関する思索等を綴ります。

電車からみえる夕日

電車通勤も一か月が過ぎた。こないだは、人身事故で電車が遅れることがあって、こんなこともあるんだなと思ったが、平日は、学生さん達の帰宅時間にもまれて帰路につくことが多い。


みんな初々しく、子供らしい子供が多いな~と、可愛らしく思っているのだが、ホームの北越谷駅が近づいてくると、電車が高架橋に上っていくので、町全体が見渡せる景色が広がっていく。ちょうど西日が、町の向こうに沈んでいく、穏やかな黄昏時だ。


こんな景色が見れるのは北越谷駅ぐらいだな~と、この景色が始まる数分間だけは、目を開けている。「オールウェイズ~三丁目の夕日~」という映画があったけど、あの夕日の感じに似てるかな~


仕事には、慣れてきた。慣れるというより、前の仕事の続きをやってる感じなので、覚える苦労というのはほとんどない。疲れるのはむしろ人間関係の方で、チームで動く仕事なので、どうでもいいような話を延々しないといけないとこはある、、


でも、これができないと仕事を教えてもらえないみたいな雰囲気もあって、同期のTさんは私よりもかなり積極的に仕事を習いに行っているようだ。私の方は、そこまでの熱意はないので、そのうちでいいかなと思ってはいるのだが、馴染めない気持ちはあるかな。


まあ、どうなるかはわからない。私の気持ちは淡泊だし、他でもいいやという思いもあるし、関係次第というところだな、、


このブログも、色々と書いてみたが、ブログ自体は書くことができた。書こうと思えば毎日でも書くことはできる。しかし、アフィリエイトの方は、さっぱり儲からなかった。こんな短期で結果がでるわけはないかもしれないが、今のところの結果としては、どうかなと思う。


ぶっちゃけ、割のいいバイトでも探して、短期でやったほうが儲けはいいかもしれないなと思う。私は、結果がでないと、長くは続かないタイプだ。何をやるにしても、ちゃんと結果をだすことが、自分の行動理念だし、だせなきゃそれで終わりだとも覚悟を決めてやっている。


だから、ここでのブログも、ブログは書けたし、見てくれる人もいたけど、お金にはならなかったのは確か。でも、やっぱり、お金にはしてみたい。どんなくだらないものでも、お金になればそれでいいと思うからね。お金にさえできれば、世間様から文句なんか言われる筋合いは一切ないw


なのでん、、しばらく、不定期な連載になるかもしれませんw 私のブログ書く才能にカネ払ってもいいよって言ってくれる方でもいれば別だけど、今は、結果がでる方向を探して動いてみようかと思います。


では、また、話が進展したら、書きますにゃん(*^_^*)



MISIA - 果てなく続くストーリー


Im goin my way …





キーボーディスト

今日は日曜日、朝からゆっくりできたので、久々にラジオ聞いてみた。ニュースが流れてて、ドイツで秋葉原殺傷事件みたいな事件があったことが報道されていた。ドイツは移民を多く受け入れてる国だから、反社会的勢力も多いのだろうか。でも、メルケルさんには共感するものもあるし、いい方向に進んでほしいなとは思う。


で、昨日、お約束した偉大なるキーボーディストさんを紹介しましょう。



Keith Emerson - Piano Improvisations


あまり詳しくはないのですが、以前、「ニコッとタウン」というサイトで知り合ったユースケさんという方から教えてもらった、キースエマーソンさんですね。ELPはロックの歴史の勉強で、知ってはいたのですが、あまり聞いてなかったし、なんか白人的な杓子定規なリズムだな~と思って敬遠してました。


けど、ユースケさんのブログで、色々と聞く機会もあって、これはこれで面白いかなと思うようになったんですけどね。まあ、インプロが主体になってるとは思うんですけど、ジャズとも違うし、フリーミュージックぽいのとも違うし、クラシックの範囲かなとは思うけど、もっとわかりやすい感じのインプロ。


ニューウェーブなインプロ音楽と言ってもいいかな?そんな感じがいいな~と思います。私はキーボードに関しては素人なので、ギタリストの視点でしか分析できないのですが、フレーズ的にも面白いと思うし、わかりやすいのが良かったかな('ω')


まあ、興味ある人は「にこっとタウン」のユースケさんのブログを読んでもらえば、かなり詳しく書いてあるので、参照してください。URLはわからないのですが、「にこっとタウン」行って、「音楽ブログ」コーナーから、ブログ履歴を検索してもらえばでてくると思うので、参考までに。


ユースケさんは、ギターの構造に関する知識もすごいですからね。改造もやるみたいだし、機材の制作者に関しても知識を持っているという、かなりのオタクさんです。あんなに知識あるなら、にこっとタウンなんかでブログ書くより、ムラゴンで書いた方が、いいと思うんだけどねw


にこたは、専門的な知識持ってる人なんてシカトされるだけだし、村臭くてつまんないですからね。こっちならユーチュも貼れるし、画像も載せられるし、ブログ村とも連携してるから、評価してもらえるチャンス多いのにね~もったいないすよ(´-ω-`)


はい、とゆーわけで、今週もお疲れ様でした。来週もがんばって生きましょうw


じゃね(^_-)-☆




久々にDTMの記事

こんばんは。今日は寒い土曜日だったね。ちょっと気分も落ち込んでて、メランコリーな一日だったけど。暗いことばっか考えててもしかたないからね。色々動いてみて、考える方が合理的かな。


で、今日の話題は久々にDTMの事を書こうかなと。DTM今年の1月から初めて、「スタジオワン3」ユーザーになって、もう三か月ぐらいたったんだけど、使い勝手がいいので、練習用にも、音楽制作用にもずっとスタジオワン使用ですね。


コピーとペーストが簡単にできるというのは前も書いたけど、あと、PCのメモリーがあれば、トラックもほぼ無限に作ることができるんだよね。まあ、普通に作ると8トラック前後ぐらいしか使わないものなんだけど、一応トラック数は無限と考えていい('ω')


それと、ギター用のエフェクターもついていることがわかって、これも色々使っていて楽しかった。基本的なディストーションの種類も色々あるし、アンプも種類を選べる。それと、空間系、モジュレーション系、といったエフェクターをエフェクターラックに乗っけていくような感覚で繋げられるので、色んな音作りも楽しめてしまう。


あと、「ルーパー」機能もついている。指定範囲のフレーズをずーっとループしてくれるので、バッキングを適当に録って、ループ設定して、ループさせながらアドリブという使い方も簡単にできてしまう。


しかも、このループの範囲は無制限なので、ちょー長いコード進行パターンを作って延々ループさせることも簡単にできてしまう。代表的なのが、ブルーズのスロー8/12パターンかな。あの、ど・ブルーズの、スローパターンのループってズームのG1で作ると、制限時間超えちゃうんだけど、DTMだとそんなの一切ないですからね。練習にも最適です。


それと、フレーズの音程は変えないでテンポを変えるということも簡単にできちゃう。BPM120で録って、マウスでテンポ下げて80ぐらいにして、音程はそのままで再生できちゃいますからね。耳コピとかにも使えるんじゃないだろか。


まあ、操作マニュアルはないんだけど、だいたいのことは感覚で理解できるので、そう難しいとは感じない。トライ&レスポンスて感じで、使って覚える感覚で充分対応できてしまう。ただ、ギターの音にこだわるなら、マルチエフェクターから音録った方がいいかもなとは思うけど、デモ用には十分使える。


これでもう、ボーカルはボーカロイド、ドラムは打ち込み、ギターはAIFで録音、ベース、キーボード類はMIDIキーボードで賄えてしまうので、「PC」、「ギター」、「MIDIキーボード」の三つがあれば音楽制作、練習も全部できちゃうわけですね('◇')ゞ


宅録、三種の神器って感じすかねw 個人的にはボーカルとドラムが打ち込みで作れちゃうってのが助かったね。この二つは宅録じゃまず無理だからね。ボーカロイドこと、初音ミクちゃんも、慣れてくると打ち込みは簡単。


ワンコーラス作って、コピーして、コピペで作業して、すぐ曲が仕上がっちゃうよ。おまけに歌詞まで入力で作れちゃうんだから、便利になったもんだ。でも、やっぱり生音にはかなわないだろうなとは思うけどね。デモ用にはこれでいいす、いいすw


さて、これでDTMもマスターできたことだし、ガンガン使って曲作っていこう。あ、AIF
はZOOMの「R8」がおススメですね。フツーにMTRとしても使えるし、AIFとしても優秀ですからね。では、長いのでこのへんで、またね~(^^♪



Johnny Winter, Edgar Winter - Tobacco Road (Live)
↑ 最近知ったエドガーウインターさん。すげーキーボーディストでした。歌も歌えるし、サックスまでやるという、、こんな人がいたとは知りませんでした('◇')ゞ


次回は、キーボーディスト繋がりで、あの人、、を紹介しようかなw