ギターライフ

ギター、音楽に関する思索等を綴ります。

IBANEZ ( アイバニーズ ) / RG550-WH

よく行くサイト、サウンドハウスでアイバニーズの新作ギターが掲載されていたので、写真を載せてみます。



これですね。


やっぱりメイプル好きなので、メイプルネックを選んでしまいますが、これはでも、価格が高い。10万円前後の値段が付いています。何故こんなに高くなっちゃったのかわかりませんが、10万だと、買い替えるにはちょっと厳しいな~と思っちゃいますね。


アイバニーズ、ライトミドル級の新作ギターも発売されるみたいなので、今年はアイバニーズの新ラインナップが各地で見られることがあるかもしれませんね。しかし、価格がちょっと高め。


一生ものとして使えるギターというコンセプトのつもりだったのかなとも思いますが、正直この価格であれば、17万ぐらいのJEMスティーブ・ヴァイモデルの方がいいかもしれないなと思います。


ボディ材が高かったのか?それとも、メイプル材が高騰しているせいなのか、素人分析ではありますが、このギターはスペック自体はおそらく5万円程度。残りの4万がどうして加算されたのかがわかりません。


実はメイプルネックってのは「プレイテック」という6000円ぐらいのギターでも使われているんですね。あっちは6千円でこっちは10万円。十倍以上の価格差ですから、どうしても、何がそんなに違うのだろう?と疑問に思えてくるのです。


やっぱメイプル材の質なのかな~。ん~、んん、んんw


これ5万ぐらいの価格だったら買ってもいいなと思っただけに、惜しい('ω') でも、プレイテックが、これをサンプリングして3万ぐらいで販売すれば売れるかもしれないw


私にとってエレキギターを見るときのポイントは「ネック」ですね。これが頑丈で、堅そうかどうか。ネックの太さなんてのは気にしません。ネックの太さなんてのは演奏しやすさとはほとんど関係がないからです。それよりも、反りにくく、タッチが軽く、サスティンがでるネックが審査基準ですね。


ほむ~ これの廉価板がでないかな~と、ギター猫(ギター狼じゃなくて猫か?w)、キュアは思うのでした('ω')


ほなにゃ~ん(#^^#)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。