ギターライフ

ギター、音楽に関する思索等を綴ります。

ギター売りました

こないだ紹介したジャクソンさん、本日、業者さんに宅配買取してもらいました。以下の写真がその証明書です。



マイケル・ジャクソン、いや、ギターのジャクソンさん、15000円で売れました。買い取り先は、「トイズキング」という中古屋さんで、なかなかお客様対応もよかったので、おススメしておきます。


最初はイケベ楽器さんとか、買い取りキングさんとか、色々査定してもらったのですが、結果的にトイズさんが15000円以上と値を付けてくれたので、御の字ということで落札でした。


美品ということで認めてはもらいましたが、ギターの裏側のちょい傷とかがマイナス査定だったようで、この値段。しかし、こっちとしてはこれで充分かなという感じです。しかし、この査定額って、何を基準に決めているのでしょう?


買取りに来ていたスタッフの方は、タブレットで何やら調べていましたが、月の裏側はよくわかりませんでしたw


物の価値というのは妙なもので、買い手と売り手の相場によって決まってしまうみたいですね。物が1000円程度のものでも、希少価値があれば10倍以上の値段がついたり、逆に、需要がないと1000円以下になってしまったり、不思議なものです。


でも、自分で売り買いなんてやってると、経済というものが、よくわかりますね。会社にいたときは、これいくらで売れるんだろう?とか、本当に儲かっているのかな?という疑問が強かったのですが、実際、自分で売買してみると、とてもリアルに経済が見えてきます。


一応、私、経済学科卒なんですけど、いや~、実際の商いやってみると、ずいぶん違うもんだなと思います。学習英語と実用英語の違いみたいな感じかなw でも、リアルで面白いです。世界ってこうだったんだ、という感動もありますね。


いつかアダムスミスのような経済学者になれたら、いいですね~


そんなわけないでしょw('ω')




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。