ギターライフ

ギター、音楽に関する思索等を綴ります。

ダブルムーン


先週の日曜。三月三十一日は、月に二回満月が訪れるという「ブルームーン」だった。稀な現象とは言われていたが、当日はよく晴れた夜で、普通に観測することができた。ブルーというから、蒼い月なのだろうかと思ったのだが、別にいつもと変わらない満月であった。


ブルーというより、ダブルムーンと呼んだ方がいいかもしれないと思い、タイトルをつけたのだが、この月を見ることができた人は幸運を得るとも言われているらしい。はて、自分にとって幸運とは何だろうと思ってしまったが、いい仕事に出合えて、いい職場環境に恵まれたこと、それも幸運だったと言えるかもしれない。


でも、ブルームーンを見た後の幸運という点では、何だろうか?実は、今欲しいものがあって、それがいいものなのか悪いものなか、悩んでいることはある。何が欲しいのかというと、通勤用に使う「原付のバイク」だ。


当初は車がいいかと思っていたが、駐車場の問題もあって、手ごろな乗り物としてはバイクだろうということになったのだけど、当然、新品なんて買えないし、中古の、最低限動けばいいという代物を探していた。


ジモティというサイトで、目星はつけたのだが、これが当たりなのか、外れなのかはよくわからない。3万円という格安中古バイクだが、販売している業者はまともな業者のようで、ちゃんと動くことを証明している画像も紹介していた。


さて、ブルームーンの幸運が、このバイクに訪れてくれるだろうか。ブルームーンを見ることができた幸運を信じるなら、この案件は当たりだと思ってもいいのかもしれない。


蒼月の幸運よ、我が選択に過ちがないことを願う(^_-)-☆


というわけで、おまけは月にまつわる曲。



Moon over Bourbon street-Sting


スティングのソロアルバム「ブルータートルの夢」はよく聞きましたね。おしゃれだし、それでいて、つかみのある曲調だし、蒼い月の夜には似合いそうですね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。